2008年02月24日

2008/02/23

今日は午後から知り合いの先生の学校の研究発表会に行く。学校というのは、場所により、全然違うので、他の学校を見るのは楽しい。「違いを感じる」ことも生きていることかな。

その後、スポーツクラブに行き、軽く運動。運動している瞬間もいろいろなことを「感じて」、生きていることを実感。

さらに、夕ご飯を食べる。「おいしい」と感じることも、意識してみると、いろいろな次元があるんだなと思った。その後、ちょっと遊ぶ。

最後に、極めつけは、一人カラオケ。2.5時間一人で熱唱。好きな曲を歌い、歌った曲数は30曲以上!楽しいっ!! しかも、帰りはタクシー帰り。ちょっとした贅沢。
posted by トロ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

「生きる」ということを感じる。

<自分の考えを整理するために書いているので、支離滅裂です。思いつくまま書いています。 <(_ _)> >

今週は切なくて、切なくて、どうしたらいいのかわからない1週間だった。必要以上に怒ってみたり、だらだらと語ってみたり……。

今日、子どもたちに「生きる」ということについて語ってみた。過激な話をして、反省もあるけれど、子どもたちはどれだけ「生きる」ということを感じているのだろう。

小学6年生は谷川俊太郎の「生きる」という詩を学習することがある。卒業式で群読することもある。この詩のなかには、訳の分からないような表現がある。要するに、比喩だ。とろはこの詩が好きなのだが、「いまいまがすぎてゆくこと」という部分がとろは気になっている。

過ぎてしまえば、その時のことをを感じることは難しいけれど、今という一瞬一瞬にいろいろなことを感じているはず。その感じる心を大切にしている人はどれだけいるのだろうか。

人は他人に言えないことがある。そして、それを「言わないから感じない」というのは、悲しいものがある。言わないけれど、ちょっとした行動から感じることは大切だと思う。



子どもも大人も、今この一瞬を一生懸命生きていて、していることと別にそれを感じる余裕がないのだろう。でも、子どもの時から今この一瞬一瞬を感じることができれば、どれだけ豊かな人生になるだろうと。

とろも今支離滅裂を感じながら書き続けて、生きていることを感じる。おなかもすいてきた。指先が冷たいなとも感じる。

感じれば、「生きる」ということが一つ増えるような気がする。

たとえば、辛いこともあるけれど、辛いままでは「辛い」という感情にとらわれていて、他のことを感じない。感じることを拒否してしまう。だが、辛いだけではないはず。何かあるだろう、きっと。

そして、他人が辛いのを見るのも自分も辛い。だから、辛いことから解放されないかな、なんて勝手なことを考えてみるけれど、それも「生きる」ということなんだろうな、きっと。

相手の気持ちを完全に感じることはできない。けれど、「こうなのではないか」と感じる(考える)ことはできるはず。一つでも多く感じて、「生き」よう。

することだけでなく、感じること。それが「生きる」ということなのかな。続きを読む
posted by トロ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。