2006年08月13日

京都旅行7日目-嵐山・保津川下り

延長戦になった今日ですが、悲願だった「保津川下り」に行ってきました。

まずは嵐山へはJRで行きました。嵯峨嵐山の駅に着いてからすぐトロッコの駅に行き、トロッコの切符を買ってきました。発車まで時間があったので、嵐山をぶらぶらすることに。

まず野宮神社に行くことにしました。途中にあった竹林がきれいだったので、ぱちり。
嵐山の竹林
野宮神社は源氏物語にも出てくる神社だそうです。入口には黒木鳥居があります。中にはいると野宮じゅうたん苔というきれいな苔がありましたので、これまたぱちり。
野宮神社

そろそろ時間になるので、駅へ戻ることに。途中で肉屋さんでコロッケをぱくり。おいしかったです。
さて、駅に着いて乗るときに分かったことですが、とろの乗る車両は「ザ・リッチ号」という車両らしく、屋根がなく、床の下も見られる車両だったのです。この車両に乗るための「乗車心得」がありますので、心得を守って乗ってください。(笑)
トロッコ
トロッコからの風景
トロッコからの風景です。

駅に着いて、バスでついに保津川下りの船の乗り場へバスで移動。名前を呼ばれ、船の乗り込みました。
保津川下り
昔、保津川下りは木を嵐山などに運ぶために行われていたそうです。
今日の川下りは水が少ないらしく、時間がかかったようです。一生懸命漕いでいました。それでも、流れが激しいところに行けば……
保津川下り水しぶき
てな感じです。2時間近くかけて、16kmの川下りも終わりました。風も気持ちよく、船頭さんのトークもおもしろく、悲願が達成されてよかったです。着く直前・直後に通り雨が降られ、参ってしまったところもありますが、それもたびの楽しみだと思っています。

なぜ「悲願」だったのかというと……。中学の修学旅行で京都に来たとき4クラスの中で2クラス保津川下りができるというのですが、抽選ではずれ。さらに、高校の修学旅行では9クラスの中で7クラスできるというのに、これまた抽選ではずれ……。中学生のときから「必ず保津川下りをするぞ!」と願ってやまなかったのです。

着いて雨に降られたので、嵐山駅で足湯に入って暖まり、中心部に帰りました。

お土産を買って、町家風のお店で早めの夕ご飯を食べて、新幹線で帰りました。新横浜で降りたのですが、駅は大混雑っ!SMAPのコンサート帰りに巻き込まれ、ラッシュ以上混雑した電車に乗って家に帰ったときは、ぐったり。一番疲れたのは帰りの電車だったかも知れません…。(..;)

今回は京都市内中心部やいかにもという寺社には行かなかったので、今度行くときは行ってみたいなと思います。
posted by トロ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

京都観光のために、、、。
Excerpt: 京都観光に訪れる人のほとんどは、スーツケースなどに、宿泊の荷物などをつめて、 京都駅にまず、到着するのではないでしょうか?かという、私もその一人。私の場合、数日を使って、京都観光を楽しむので、荷物も..
Weblog: 京都市バスでめぐる、京都観光
Tracked: 2006-08-21 14:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。