2008年05月04日

秋川渓谷 瀬音の湯

最寄り駅はJR武蔵五日市駅、高速道路だと圏央道あきる野インターチェンジが最寄りです。

スポーツクラブで体を動かした後に行きました。以前から行ってみたいと思っていたのですが、なかなか機会がなく、こういう流れになりました。着いたときには辺りは真っ暗でした。

さっそくお風呂へ行きました。風呂場にはいると、ちょっと硫黄臭がしました。お湯もやや白濁しているように見えましたが、近くで見るとそうでもありませんでした。

入ってみると、体がぬるぬるした感じがしますが、それはお湯のおかげだと思います。というのも、ここのお湯はアルカリ性単純泉で、ph10.1もあるそうです。

露天風呂もあります。辺りは真っ暗なので、夜の木々を見ながらのんびりしてきました。

次回も行ってみたい温泉です。今度は昼間に…。

http://www.seotonoyu.jp/
posted by トロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

おすすめ読書記録ページ

このページにも今まで様々な読書記録を載せてきましたが、このページがおすすめです。

(メディアマーカー・とろのページ)
http://mediamarker.net/u/yashinomi1003/

今まで読んだ本も、こちらへ、少しずつ移行していきます。
posted by トロ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

春の京都・花見ツアー

今まで京都に何度も行っているのですが、「春の京都」というのは行ったことがありませんでした。今回は突発的な企画でしたが、昨日・今日の1泊2日で行ってきました。仕事帰りそのまま最終新幹線に乗り、京都へ行きました

まず、金曜日京都へ行ける最終の新幹線(N700系)で、京都入り。しかし、京都市内は泊まることができず、ちょっと戻り大津市内に宿泊。

土曜日、京都へ戻り、さっそく観光案内所へ。ガイドブックを持っていなかったのと、事前調査を補うために。あまり計画していなかったので、観光一日乗車券を買い、地下鉄で京都から乗り、今出川で降り、歩いて京都御苑へ。
20080405-01.JPG

20080405-02.JPG
これらが京都御苑で見た桜のアップ写真。

次に、二条城へ。地下鉄に丸太町から乗り、二条城前で降りました。
20080405-03.JPG

20080405-04.JPG

ここからが計画していないので、買い物したり、鴨川の桜を見ながら鴨川で本を読んだり…。こういうだらっとした時間も好きです。

夜は、円山公園の桜を見て、高台寺経由で清水寺と思っていたのですが、混雑が半端でなく、円山公園の桜と高台寺の前の桜を見て、清水寺は断念せざるを得ませんでした。(T.T)
20080405-05.JPG

20080405-06.JPG

そして、京都駅へ戻り、東京行き最終の新幹線で帰ってきました。

1泊2日もよかったですが、今度はきちんと計画を立てて、日帰りというのもいいかなと思いました(もちろんゆっくりできるのならば、したいのですが)。
posted by トロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

2008/03/31

年度末の今日もお仕事。片付けも終わらず、新年度に突入することになりました。

今日は、教え子のコンテスト参加を見てきました。お母さんとは連絡済みでしたが、本人は知らなかったので、自分と会って相当驚いていました。発表前に会ってしまったのでプレッシャーをかけてしまったみたいで、悪いことしたなぁと思いました。

職場の人との別れは、悲しかったです。今回は特に。本当にお世話になった方々が異動するので、悲しさは一入です。一通りあいさつすることができたので、よかったです。

みなとみらいにある万葉倶楽部に行ってきました。年度末の疲れを取るつもりでしたが、烏の行水みたいになってしまいました。でも、1000円割引券を使ったので、ちょっと得しました。
posted by トロ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

『偶然のチカラ』

『偶然のチカラ』 植島 啓司著・集英社・2007年・714円
ISBN-13: 978-4087204124

人生に起こるさまざまな出来事、それは偶然なのか?また、偶然を見方にすることはできないのか?偶然は必然なのか?

そんな偶然とは何か、さらに、それを超えて楽しく幸せに暮らすための考え方が書いてある本です。

最後に「まとめ」がありますので、開き直ってしまえば、そこを読めば著者の考えのだいたいのことは分かります。
posted by トロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。